fc2ブログ

gogo劇場版感想その1 眠り姫の後日談

なぜか最近はまってしまったプリキュアシリーズについてだらだら書いてみようかと思っています。

2024/0112345678910111213141516171819202122232425262728292024/03

今回は5の感想ではなくGOGO劇場版「お菓子の国のハッピーバースディ」についてだらだら感想書いてみます。
まあ、前記事に書いたのぞココが最大限に爆発した作品なので、続きで書いてみると意味もあるのですが…
☆音楽とこわーいお話と24話
まず最初に、この映画の私的最大の見せ場はのぞみとココのキスシーンですwそのシーンの存在と冒頭の寝ているのぞみを起こすココとの会話から、これは眠り姫をモチーフにしたお話であるのは映画を見た皆様が共通して思う部分でしょう。姫役はココになるのですがw

でも、個人的に何度かこの映画を見て思うのは、やはりのぞみも眠り姫役なのではないかな?と思うんですよね。
理由は上に上げた三点です。

・音楽
『眠り姫』冒頭、いきなり可愛い寝顔さらしてるのぞみのシーンをココが起こすときにかかるBGMのタイトルです。頬をつついて起こすココ。「キスで起こしたほうが良かった?」と眠り姫のお話を始めます。爆発しろ。
さて、眠り姫について話すシーンなので、この題名がついた音楽を流すのは当たり前なんですが、このBGM、WIKIを見てみると監督さんが指示したストーリーを表現する二つの大きなテーマ曲の片方だとか。それで調べてみると、この穏やかな音楽はアレンジされて作中での要所で使われている。操られたココに攻撃され続けても呼びかけるのぞみのシーン。件のキスシーン、そしてラスボス戦にこの眠り姫のアレンジが使われることになります。
眠り姫らしいキス関連シーン以外でも使われているこの曲。全てに共通するのは、そのシーンの中心にいるのはのぞみということです。のぞみの見せ場においてかかるBGM『眠り姫』の系統曲。曲名から考えれば、やはり、この作品内においても眠り姫はのぞみということになるでしょう。

・眠り姫
さて、眠り姫というお話。当時、ちょっとでも童話に詳しい人は気づいたのでしょうが、本当はとても怖い後日談があるお話です。
私自身は本にちょろっと載っていたことを読んだ程度なのですけどね。
眠り姫の原典になったと言われてるのがフランス人ペローの昔話集『眠れる森の美女』やイタリアの民話集『太陽と月のターリア』というのらしいのですが、この二つの眠り姫の普段語られない後日談に共通するのは、王子(王)と結ばれた姫とその子供達を「調理」しようとする母(妻)の存在です。片方は妻が調理した上で王に食べさせようとし、もう片方は調理した上で食べようとする食人鬼の母です。
皆様も思い浮かぶでしょうが、この劇場版のストーリーを彷彿とさせるエピソードです。無論、スタッフの方もこの後日談の存在は知っていたでしょうし、それをこの作品に持ち込んだと思われます。
つまり、この作品は一般に知られている眠り姫そのものよりも、その後日談の成分を多分に含んだ作品と考えられます。

・王子様のキス
のぞみ=眠り姫とし、この劇場版を後日談と仮定した場合、気になるのは一般的な眠り姫のクライマックスである「眠り姫をキスで起こす」というのはどこになるのか?と謎が出てきます。本編なしの後日談などありえません。
無論、劇場版冒頭のいきなり居眠りしてるのぞみのシーンとも思えますが、ここで気になるのは例のキスシーンの演出です。キスを抜かせばラブラブなのぞみとココの姿は、5の24話ののぞみを救うラブラブシーンを立場を替えてなぞったものです。
あの時ののぞみは絶望させられ、絶望の仮面をつけられ、永遠のやすらぎの中に沈められました。その姿は寝ているとも形容できるでしょう。そしてのぞみを救ったのはココです。あの時はキスシーンなんてありませんでしたがwぶっちゃけ並みのラブラブシーンより愛に溢れていました。そしてのぞみは目覚めます。

これを従来の眠り姫のクライマックスと位置付けると、色々とこの映画の見方が変わります。

5の24話のアレ=劇場版冒頭のシーンとし(実はのぞみ、この時自分がなんでここにいるか分かっていない雰囲気があるんですよね)

24話&冒頭で目覚めた眠り姫=のぞみ

そしてそこから始まるプリキュア(眠り姫)をお菓子にして食べようとする悪意による後日談

こういう図式も成り立つのではないかと思います。つまり、この劇場版は5の24話の後日談という意味もあるのではないかと?


無論、実際はそこまで考えていたのではなくwただ眠り姫のエピソードやこれまでののぞココのエピソードを断片化して再構築したのかもしれません。
でも、個人的には1・2・2に分断されるプリキュア達。のぞみに勇気をもらうチョコラ姫(24話のミルク?)。のぞみが仲間達に以心伝心で心を伝え復活させるなど23・24話を思い起こすような展開もあります。

個人的にはシロップやローズを加えたGOGOファミリーによる5の23・24話のリプレイと眠り姫の後日談ストーリー。これがこの映画に私が持つイメージです。

次回は内容について感想いきます


続く
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://afterfestivalalone.blog.fc2.com/tb.php/13-82e367d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド