fc2ブログ

5感想 のぞみ解剖学その1(25話)

なぜか最近はまってしまったプリキュアシリーズについてだらだら書いてみようかと思っています。

2024/0112345678910111213141516171819202122232425262728292024/03

前回の続きで、25話後半の感想です。

まあ、私はのぞみさんに惹かれてプリキュア見始めたんですが、そんな私にとって5の中盤の面白さは異常。
ここに至って初めて、のぞみの描写がようやく深められていくからです。
(無論、熱気球回という名エピソードも前半にはありました)
そのスタートがこの25話後半です。
☆店内は走らないでください
次の日、百貨店?前で集合する8人。のぞみはちょっと遅れたみたいですが、買い物リスト作っていたとのこと。
…全部お菓子…イラスト付きである
りんちゃんのツッコミを軽く受け流して、のぞみと仲間達は店内に入っていきます。

そこで繰り広げられるは、物欲と食欲の羅刹と化した集団の何かが違う買い物風景。
今のスーパーには置いてないだろうという馬鹿でかい台車にどんどんお菓子ばかり追加していくピンクと黄色。あっという間に満杯になっていきます。早速、りんちゃんがストップかけますが「じゃあ、りんちゃんのチョコもいらない?」の反撃に情熱の赤い炎は一気に不利に。その二人を尻目に何食わぬ顔でお菓子を追加するうらら。やっぱり只者じゃねえw

そんな彼らを年長二人組はそれぞれらしい表情で見守っていますが、同じ棚のオレンジジュースとグレープジュースを赤と青が同時に手に取った瞬間、緊張が走ります。なんでさ!?
「私はオレンジがいいと思うんですけど!」
「それは貴方の好みでしょう?グレープが好きな人だっているわよ」
そんなことで喧嘩はじめる君達はなんなのさwその横を行ったり来たりしてる台車。
「はいはい、かれんさんはグレープが好きなんだ。正直に言えばいいのに」
「そうじゃなくて!みんなの好みを考えて選ぶべきでしょう」
こまちさんが仲介に入ろうとします。放っておこうぜこまちさん。
というか、俺がナイトメアなら、このタイミングで仕掛けるねw
そして走り回る台車組に同時に走らない!と怒るかれりん。
俺がナイトメアなら…あかん、分断前にただ二人のイライラぶつけられるだけだwっていうか、傍から見ると相性がよすぎにしか見えないw
というわけで、のぞみとうららはひとまず満足したみたいです。モフモフ3人も満足の模様
「早く食べたいナツ…」まてや淫獣
まあ何にしても明らかに多すぎです。りんちゃんが仕分けに入ります。のぞみ涙目。
そしてりんちゃんがなぜか入ってるラジカセも篩いにかけます。のぞみはこれが合宿の目的といって死守します。
ラジカセぐらいなら誰かが持ってそうであるが…と思ったらナイトメアのアラクネアさん襲来。5人は変身。戦闘開始しますが、なんとアラクネアさん、買おうとしていたラジカセをコワイナーにしてしまいます。



☆ラジカセ返して
最初はいい勝負でしたが、アラクネアさんがコワイナーに自分の糸巻きつけたら、途端に攻撃が通用しなくないピンチに。
さて、のぞみさんは形勢不利にショックなようです。コワイナーを倒せないとラジカセを取り戻せません。
(また買えばとかの野暮な突っ込みはこの際なしだ)
合宿の目的なんだからラジカセ返してと叫びます。
「みんなと一緒にいたことを何かに残しておきたかったんだもん。みんなでたくさん遊んで、たくさん笑って、一日中おしゃべりして、それをいつでも思い出せるようにラジカセでみんなの声を録っておけば、この先、どんなつらいことが起きたって乗り越えられる。そう思ったの!…あんな思いはもうしたくないから!」
敵であるアラクネアさんには関係ない話ですから向こうは我関せずですが、さすがに4人はのぞみがそこまで考えていてくれたことにショックを受けた模様。
コワイナーの攻撃をドリームと一緒に受け止める4人。
「ドリーム、私達も同じ気持ちよ」「あんな思いはもう二度としたくない、でも、もう大丈夫」
「あなたの気持ち、あなたの言葉、みんな忘れるはずないわ」心の中に、深く刻み込まれていますから」
「みんなドリームを信頼している。この前みたいなことにはもう絶対にならない」
のぞみの真意を知った4人は、彼女を信頼し、彼女を中心として頑張っていくことを心に誓う。
これ以降、GOGOのラストまで5組の絆にひびが入らなかったことを考えると、如何に24話、そしてのぞみの言葉が大きな存在だったかよく分かる。ただしケーキ泥回は除くw
こっから反撃に転じた5組。新必殺技でコワイナー撃退。めでたしめでたし


☆言葉は心に
ラジカセを陳列棚に返すのぞみ。仲間達から思い出は心に残せばいいと教えてもらいました。
そんなのぞみにそれぞれの言葉で礼を言う4人。前半はのぞみのいない場所での感謝。今回はのぞみの前で感謝。のぞみは顔を赤らめたりしてうれしそうです。
よし、会計に行こうとするのぞみ。そうは問屋ならぬりんちゃんが許しません。
色々篩いにかけます。刺身におにぎり?確かに今買うものじゃないwそしてドサクサにまぎれてグレープジュースを仕分けしようとするりんちゃん。
「えー!それは私が必要なのよー!」
「あら、みんなの好みを考えてるんじゃなかったんですか?」
「…だ、だって好きなんだもの…」
このトーンダウンしながらの好きなんだもんの可愛さは異常である。
こまちさんまで好きな飲み物入れるとか言うし、うららはまだ入れようとするし、モフモフ3人はいつの間にか自分の好きなお菓子を大量に仕入れているし…りんちゃん頑張れ。でも、りんちゃんも楽しそうだ。

※実際の合宿ではじいやさんが最高のもてなしを用意してくれてたため、ここで買ったものが登場することはありませんでした。恐らく、ナッツハウスに持ち帰った瞬間に5ファミリーの胃袋に収まったと思われますw



★のぞみの傷
23・24話の崩壊と再生を見てからの癒され具合は異常。みんながみんなが妙な可愛さを発揮してるw
そして、しっかりと前回取り戻した絆を深めている。24話の後日談として、これ以上の出来はないでしょう。
ただ、何回か見直すと、ただのハッピーエンドには見れなくなってくる不思議。

のぞみさんはリーダーシップが強いだの、メンタルが強いだの、まあプリキュア界屈指の強キャラっぽい評価みたいですね、あっちこっちを拝見させてもらった感じ。
まあ、最終的には概ね同意なんですが、私はのぞみさんがそこまで完全無欠の精神的骨格の持ち主には思えない。それを特に考えちゃうのがこの25話の後半から、ぼちぼち描かれるようになったのぞみの問題点というか個性。このあたりをどう見るかで、結構、のぞみに抱くイメージって変わりそうな気がする。

まずは今回の25話。
常にイケイケと思われていたのぞみが前回のことを、とてもショックに思っていたという事実。
無論、あの記憶は4人の夕方のシーンを見れば分かるように全員にある。ただ、あの時のことを繰り返さないように具体的に何かしようとしたのはのぞみだけだ。
ここが地味に大きい。4人にとってトラウマ回で思い出すのは、自分達を救い出そうとしたのぞみの光。
のぞみがトラウマ回で思い出すのは、絶望の仮面をつけられた自分達の姿。
両者に刻み込まれたことが微妙に違う。

4人にとっては、あの回と今回でのぞみへの信頼が確実なものになった。敗北の記憶よりのぞみへの信頼が色濃く残るということは、のぞみが彼女達に与えた影響が如何に大きいか物語っている。実際、これ以降5人の絆は揺るがず、プリキュア5がチームとして完成したのはこの瞬間だろう。ただ、見方を変えればのぞみへの依存が増してしまったといえるが…


そしてのぞみ。
のぞみは前回のことがとてもショックだった。もう25話開始時でいきなり回想するぐらいに。
そのショック故に頑張るのぞみの姿を描いたのが、この25話。ラジカセの件だけではない、普段以上にハイテンション、強引な合宿提案と、のぞみはもしかしたら前回のショックがあったからこそいつも以上に明るく振舞っていたのかもしれない。ラジカセを奪われ、あそこまで取り乱したのぞみの姿も珍しい。
それだけ傷ついていたからこそ、それを再発させないために合宿を計画したのだろう。あの時の自分の迂闊な行動、それで簡単に壊れた仲間達の絆、そして敗北と絶望、大切な仲間達を失いかけた事実。それらの恐怖はまた起こるかもしれない。のぞみだけのせいじゃないとはいえ、彼女は自分達の力や絆、心が実は脆いことを痛感したはずだ。だからこそ、今回の彼女は努力した。仲間達の絆を強めようとした。

のぞみの意図を察した4人は彼女への信頼をさらに強くし、結果的にのぞみの意図は果たされたと見て良い。合宿の結果ではなかったがw
ただ、絆が深まった後でさえ、のぞみはこの記憶を引き摺り続けた。5の最終決戦時にもこの時のこと思い出したし、gogoの館長戦でミントに言われて24話のことを思い出したように、のぞみにとってトラウマ回は特別な存在であり続けたと見て良い。
のぞみが以後も恐怖を抱き続けたのが、逆には彼女の心の強さに繋がったと私は考えている。仲間を失う恐怖を知っているからこそ、負けられない、希望は捨てられないと強く思うようになったのではないか?鏡の国などで見せた心の強さ。それにはのぞみ本来の強さだけではなく、この恐怖とかの影響もあるのかもしれない。
このあたり5ファミリーの希望であり続けなければいけない、のぞみの辛さを感じるんですよね。他所のチームにはないプリキュア5の台所事情。



続く
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://afterfestivalalone.blog.fc2.com/tb.php/22-3712e33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド