fc2ブログ

5感想 キュアドリーム?(主に1話)

なぜか最近はまってしまったプリキュアシリーズについてだらだら書いてみようかと思っています。

2024/0112345678910111213141516171819202122232425262728292024/03

「大いなる希望の力、キュアドリーム!」

いや、希望ならホープじゃね?キュアホープ!じゃ響きが悪いか…
まあ、情熱・はじける・やすらぎ・知性もルージュ・レモネード・ミント・アクアと直接的な名前じゃないから別に構わないのか?とまとめ動画を見ながら漠然と思っていましたw
でも、本編見ると、なるほどって思いましたね。


夢原のぞみは勉強運動共に駄目で何か特技があるわけでもない。やりたいことが何一つ見つからない。
親友のりんがスポーツ万能で色々なクラブから必要とされてる光景を寂しそうにみていることから、そんな自分に情けなさを感じているんでしょうね。
(最初の視聴時点じゃそこまで知りませんでしたが)他の4人や他シリーズのプリキュアたちが何かしら得意分野があるのに比べると明らかに何もありません…

「夢はとっても大事なものなんだよ。
 自分がボロボロになっても叶えたい大切なものなんだよ。それを馬鹿にするなんて最低!」

何でも望みを叶えるというドリームコレットを狙いにきたナイトメアのギリンマはココの夢を嘲笑った。そのギリンマに対してなぜあれだけのぞみは激昂したのか?
それは夢を持って頑張っている人にのぞみは憧れ、応援したいからなのだろう。

普段は明るいからそんな風に見えないが、りんに向けた寂しそうな視線から彼女は何もない自分に引け目を感じてることが想像できる。そして何かと挑戦はしてることからそんな自分を変えたいとも思ってるのも間違いない。
そんな彼女の前に自分の国を復活させたいがため、攻撃されてもドリームコレットを手放さないココが現れた。
未知の世界の住人とはいえ自分にまだない夢を持つ彼は、のぞみにとって今まで抱いてきた自分の理想像だったのだろう。
まだ夢がないのぞみだからこそ、夢をもつ必要性を理解しているのだ。

そんな彼女の元に光の蝶が飛んできて、彼女はキュアドリームへと変身する。
そしてナイトメアを退けたのぞみは『ココの夢を助ける』という夢を定める。


前回の記事で述べたように、のぞみの初変身も
「異常事態に巻き込まれた結果、その力を得る」
「自ら何かに挑むためにその力を得る」
という二つをミックスしたものです。突然のこととはいえ、夢を持つココをまだ力を得ていない状態の彼女が助けようと動いたため蝶が彼女のもとへと飛んできたのでしょう。この流れは個人的に好みです。

そしてこの物語のテーマが夢であることも示されました。
第1話でたくさん繰り返されたこの言葉は、のぞみとその仲間達にとって非常に大きな意味を持つ言葉になっていきます。
登場時点で夢を追っているうららやこまちはもちろんのこと、仲間達との交流の中から将来の夢を見つけ出すようになるりんやかれん。自分達の国を復活させる確固たる夢を持つココをはじめとする妖精たち。何より彼らの中心にいるのぞみが皆の夢を応援し、夢を得たことによって成長していくことになる。
「大いなる希望の力、キュアドリーム!」
皆がこれから叶えたい夢、夢という未来の希望へと突き進むプリキュアとその仲間達の最初の一人としては、この名前以外ないのでしょう。

さて、順序逆になりましたが全員揃ったプリキュア5
次はその仲間達の関係性についてだらだら書いてみようかと思います

続く
スポンサーサイト



タグ : プリキュア5

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://afterfestivalalone.blog.fc2.com/tb.php/5-51aa284f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド